残業代請求弁護士ガイド

残業代請求専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

退職時に、有給休暇の買い取りが出来る方法とは?のアイキャッチ

退職時に、有給休暇の買い取りが出来る方法とは?

退職時に、有給休暇の買い取りが出来る方法とは?のアイキャッチ

みなさんは、有給休暇をしっかり消化出来ていますか?
精力的に働くビジネスマンの中には、有給休暇をなかなか取れない方も、少なくないでしょう。
そういった方々には、有給休暇の買い取りを請求することも一つの手です。特に退職を考えている人にとっては、「買い取りが出来るかどうか」が気になりませんか?

そこで、今回は退職時に、有給休暇を買い取ることが出来るケースについて説明をしていきます。

有給休暇制度とは

有給休暇制度は、「賃金を得ながら休暇を取る」ことの出来る労働者の権利です。この有給休暇を取得するためには、条件があります。

働き始めて6ヶ月以降に有給が付与される

有給休暇は、以下の条件を、両方とも満たした場合に付与されます。

・入社から6ヶ月の経過
・6ヶ月の全労働日のうち、8割以上出勤している

 つまり、病気や怪我等で2割以上休んでいない限り、有給休暇は与えられます。ただし、業務上の怪我や病気、妊娠・出産による育児休暇、介護休業等は出勤したことと見なされます。

有給取得日数について

有給休暇の取得日数は、労働基準法で定められており、6ヶ月以上働くと10日間付与されます。それ以降は、以下の表の通り、1年ごとに取得する有給の日数は増えていきます。

勤続日数 6ヶ月 1年6ヶ月 2年6ヶ月 3年6ヶ月 4年6ヶ月 5年6ヶ月 6年6ヶ月
有給取得 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

有給の繰り越しについて

 以上のように、年間で10日以上付与される有給休暇を、1年間で消化することが難しい場合もあります。そのような方もいるため、有給は次年に繰り越しすることが可能です。ただし、有給には時効があることから、繰り越せるのは2年までとなっています。

有給休暇を時効内に消化出来ない労働者は、有給を買い取ってもらうという権利もあります。

有給の買い取り

 有給の買い取りとは、文字通り、有給をお金で買い取る方法です。以下の場合、会社に有給を買い取ってもらうことが出来ます。

(1)法定以上の有給日数分

 会社によっては、法律で定められた日数以上の有給を付与しています。その場合、法定の日数以上で消化しきれなかった有給に関して、会社の判断で買い取ってもらうことが出来ます。

(2)退職前で消化出来なかった有給分

 在籍中に有給を消化するタイミングがなく、退職をむかえる労働者もいます。そのような労働者に対しては、会社のジャッジで、有給を買い取ってもらうことが可能です。

(3)2年で消化しきれなかった有給分

 前項で、有給の時効は2年と述べましたが、その期間で消えてしまった有給分は、会社の決定で、会社が買い取ることが出来ます。

以上のように、いずれの場合も、有給を買い取るかどうかは会社の判断に委ねられています。したがって、会社が拒否をした場合、基本的には買い取りはしてもらえません。
また、有給は労働者の疲労回復のために付与するものであり、買い取りを認めてしまうと、本来の目的から逸れてしまうことがあるため、以上の場合を除いては、違法行為になることもあります。

有給休暇の買い取り請求

 とはいえ、労使間の円満な解決のため、有給休暇の買い取りが非常に効果的な時もあります。例えば以下の場合に、その効果を発揮します。
 
労働者は、どうしても有給休暇を消化したいから退職を希望しているのですが、退職予定日までにはあまり時間がありません。しかし、有給休暇を全て取得されてしまうと、業務引継ぎが満足に終えることが出来ず、会社の業務に支障が生じてしまいます。

このようなケースは、退職が円満に出来るように、可能な限りの業務引継ぎを行う代わりに、有給休暇を買い取ってもらうという交渉を、労働者側から働きかけることが出来ます。

退職時に有給休暇を請求出来る場合とは

 このような交渉は、在籍中であれば出来ます。しかし、労働基準法39条において、有給休暇は、「労働関係の存続を前提としたものである」という規定があります。
つまり、労働者が会社を退職すると、会社との労働関係が無くなるため、有給休暇は消滅してしまうのです。

この規定があることから、買い取り交渉は、有給休暇が消滅しない在籍中に行いましょう。

有給の買い取り額について

 有給休暇の額は、給与によって異なります。例えば、勤務日数が20日で、月給が20万円の場合は1日1万円になります。
 よって、有給1日あたり1万円で買い取ってくれることになります。

まとめ

 忙しく働くビジネスマンにとって、有給を自由に消化することが、難しい方も多いでしょう。そういったビジネスマンに、「有給の買い取り」はよい手段と言えます。
 会社に対し、有給の買い取りについて話をすることは、少し躊躇してしまうかもしれませんが、退職してからでは、有給が消滅してしまいます。在籍しているうちに、有給を買い取ってもらう交渉をしていきしょう。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。